読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

IKEAにいってきた

IKEAにいってきたよ。IKEAっての世界最大の家具メーカーなんだとか。そういえばスペイン行った時も看板見かけたなーと。調べると案外家から近かったのでふらっといってみた。

 

f:id:ming_mina:20120930120138j:plain

港北店に行ってきた。新横浜駅から無料送迎バスが出ていてらくちん。

この店はまず2Fのショールームをめぐらされる。ショールームは商品があれこれ並んでいたり、商品を組み合わせたインテリアの例を展示していたりする。6畳8畳12畳それぞれの広さに合わせた家具のレイアウトのショールームがいくつもあって、見てるだけで楽しい。

 

f:id:ming_mina:20120930181403j:plain

店内。まずは2Fに昇れとある。

 

ただし店内はあまりにも広大。結局ショールーム観て回るだけで3時間くらい経ってしまった。…ただショールームは商品を観るスペースであり、買うスペースではない。では買うスペースはどこにあるのかというと1Fにある。

f:id:ming_mina:20120930162806j:plain

倉庫空間に組み立て前の家具がずらーっと…。この空間の広さには正直圧倒された。「気に入った家具あったか?良かったな倉庫から自分で持って行きなー!」という経営思想らしい。安さの秘密なんだって…ほんとか。無理、逃げたい。

 

2Fにはレストランが設置されている。家具屋にレストランて、と思ったけれどこれがうりなんだとか。レストランはカップルや家族連れで非情に混雑していた…というかIKEA自体とても混んでいた。そんなに面白いところなのだろうか…。テーマパーク的な楽しみ方もできるのかもしれない。

 

f:id:ming_mina:20120930151327j:plain

f:id:ming_mina:20120930151743j:plain

まぁお味はこんなもので…。とりあえず次はドリンクバーだけでいいかな、という気にはなった。

 

IKEAの商品は、倉庫の品物置き場から全部自分でレジまで運ぶ必要がある。DIY、セルフサービスこそがIKEAの経営思想なのだとか。

ただこのセルフサービスってのがやっかい。IKEAの商品はグローバル展開しているから、日本固有の事情をあまり考慮していないらしい。とにかくでかく、かつ重量がすごいのだ。コレクションフィギュア棚として有名らしいデトルフなんて6990円なのに重さが40kgもある。とても手で持って帰れる重さじゃない。そもそもレジまで持っていくのもかなり困難な重さだ。

こんな家具があちこちにごろごろしている。…買い物客は身体的に健康でないとモノを買うことさえ出来ない。

f:id:ming_mina:20120930175911j:plain

レジはまるで空港の荷物検査のカウンターみたいで仰々しい。合理性を追求した結果至ったレジなのだろうけど、なんともまぁ味気ない物なのね。

 

ってことで、グローバルなお店がどんなかを知るためにIKEA行ってきた。なかなか勉強になったけど、さんざん歩きまわったおかげでとても疲れた。これがグローバルスタンダードな店ってやつか…と世界の広さを痛感したよ。おれはもっと日本的なのがいい。