読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

秋葉原ラジオ会館

老朽化を理由に取り壊しが決まっているラジオ会館。既にテナントは退き、あとは工事を待つだけ、とのことだが、このお盆に最後の一般開放が行われていた。

この一般開放、普段は入れない上層階や店舗が抜けた後の空間まで立ち入ることができてなかなか凄かった。
なんというか、廃墟マニア垂涎なのではないだろうか(廃墟じゃないんだけどね)





普段は入れない(らしい)屋上にも出られた。

ラジオ会館は「シュタインズ・ゲート」で重要な役割を示す舞台でもあるためか、白衣を着たオカリンコスを初め、シュタゲファンが多数集まっていたみたい。屋上でも何人ものオカリンやダルがいて、なかなか面白かった。


…秋葉原に思い入れがあるかと言われれば、まぁ、地方出身のオタは誰でも秋葉原に憧れるものだ、という意味では思い入れはある。しかし、日常的に行ける範囲になったのはつい最近なので、やはり10年も20年も秋葉原に通っている人間とは全然違う。ラジオ会館だって、オタ系の店以外にも、パーツやら機械やら、いろんな店が入っていた時代があったはずだ。そんな時代を知ってる人間でもないのに、何を言えるのか。
ありがとうともさよならとも言えない。どこかのビルがひとつ無くなる。それだけだ。

公開終了時間寸前まで屋上に大勢人がいて、入り口にも人だかりが出来ていた。
このビルに対して、こんなにも人が集まるっていうことは、やっぱりラジオ会館は秋葉原の象徴の一つだったんだろう、と。

とかなんとか。