読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

ラブライブ!のファイナルのLV(録画)を観てきたこと

ラブライブ!μ's Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜のLV(録画)を観てきた。初めて(まともに)観たラブライブ!のライブであり、これが最後のライブだろう。

 

正直に言うと謝らなくてはいけない。ちょっと舐めていた。ここまでガチな代物であるとは思わなかった。

・バラード無し

・全曲ダンス

100%燃え尽きるだけのセットリスト。5時間という長丁場に関わらずダンスはきっちりやるし…何より個々人の歌唱が本当にいい。CDで聞いていた時よりもずっと印象が強か。…飯田里穂さんがこんなにガチだなんて思わんかった。凛ちゃんはもっと下手だろう…という変な先入観があった。俺は阿呆だった。なんというか、全体曲でなんとなくCDで聞くのと、ちゃんと歌っているところを見るのでは、大きく印象が違う。

 

BiBiとPrimtempsとlily whiteがどういう系統の曲でまとめられているのかも初めてわかった。BiBiは現代的なダンス・ミュージックの系統で、Printempsは90年代チック、lily whiteは80年代アイドル歌謡曲という雰囲気で、それぞれきっちり合っていた。ライブでまとめて聞いて初めてその属性が分かった。

どれもきっちり雰囲気出てるし、決めている。人気の出るコンテンツというのは、ちゃんと人気が出るなりの理由があるわけだ。そりゃ好きになるだろう。なるしかないだろう、という感じだ。

 

一番印象に残ったのは、和服に着替えてAngelic Angelからの流れだろうか。「輝夜」は初めて聞いたときからライブで盛り上がるだろうなぁと思っていたが、確かにそのとおりだった。その後の和ロックっぽいやつ(だってだって噫無情)も素晴らしかったな。扇子ってのは、すごく映えるアイテムなんだよね。振ってよし、回してよし、閉じて開いて表情を付けられる。もっと活用するべきアイテムだろう。

 

ラブライブ!については、本当にガチな人ほど思いを持っていないし、終わるということに対して感慨を持っていない。でも彼女たちが今後どうなるのかに思えをはせないではいられなかった。音楽の伝える力ってのがあるとすれば、それは確かにあったと思う。

最近のコンテンツは体験を共有することにシフトしていると言うが、その最先端を味わえた気分だ。それさえあればドームを埋めることだってできるのだと。