読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

らきすたが聖地巡礼の先駆けという風潮は解せない

聖地巡礼の話が傾聴に値するかを判断する基準として、「2007年のらき☆すたのアニメが嚆矢である」みたいなことを宣っているかどうかは役に立つ。そんなこと言ってる筆者がいたら耳元でShooting☆Starをガンガンに聞かせてやりたいと思っているくらいだ。だから、以下の記事は信用に値しない。

diamond.jp

 

萌えビジネス全般を雑に語っているため、全般的にツッコミどころが多いのだが、聖地巡礼のところだけでも反論しておく。

 

さて、萌えアニメとのコラボによって、町おこしに成功したケースはいくつかあるが、そこにも成功のヒントは隠されている。最も有名な成功例は、やはり「萌えアニメ町おこしブーム」の先駆けでもある、女子高生の日常系アニメ『らきすた』の舞台となった埼玉県鷲宮町(現・久喜市)だろう。

木崎湖のことを、おねがいシリーズのことを忘れちゃいませんかね。

f:id:ming_mina:20160323235453j:plain

おねがい☆ティーチャーとのコラボ日本酒が発売されたのは2007年の夏頃(正確な発売日は探れなかった)らしい。(画像のはもっと後の時期に買ったものだけれど)この時、らき☆すたのアニメ放送中。どこまで正確はわからないが、鷲宮が町おこしに動いたのは2007年の秋頃らしく、鷲宮の事例が先行ではない。

別に聖地巡礼が初めて行われたアニメというものが、おねティってわけでもなく、探せばさらに事例は遡れるだろう。大々的に、と条件つければ別にらき☆すたが最初だって構わないけれど。だが、この手の話をするといつも真っ先にらきすたが出てくるのは、なんとなく良く思えないのだ。

こんな感じに扱うのがまだ正確。

http://hdl.handle.net/2115/38119

 

あと鴨川叩いとけば受けると思うな。