読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

GA芸術科アートデザインクラス5巻

とうとう…というか待ちに待ったというか…GA芸術科アートデザインクラス5巻が発売された。意外と早く出たなという印象。調べてみると、過去最短の刊行間隔のようだ。

5巻 2012/8/27 (前巻から10ヶ月)

4巻 2011/10/27(前巻から2年2ヶ月)

3巻 2009/8/27(前巻から1年7ヶ月)

2巻 2008/1/28(前巻から1年4ヶ月)

1巻 2006/9/27

実は6年もやってるんだねーと改めて思ったしだい。

 

f:id:ming_mina:20120828000549j:plain

特典等。ZIN、メロブとらのあなゲーマーズ。ZINは棺担ぎのクロとのコラボで本当に貴重なもんだから通販してでも買うべし。

GAは意外(?)なことにサザエさん時空を採用していない作品だ。作中で少しずつ季節は進んでいて、5巻でとうとう夏休みに入った。…夏休み最後の週に夏休みを描いた漫画を読む。格別なもんだ。

 

GA5巻はお得意の芸術ネタより季節ネタ…青春ネタが色濃く出ている巻という印象だな。夏と言えば、甲子園、花火、夏祭り、宿題、台風…そんな誰しもが連想するような夏の一面を、GAらしく、鋭く描いている。

5巻で特に好きなのは高校野球と夏祭りの話。高校野球ネタは、「高校あるあるネタ」の定番だと思うんだけれど、きらら系4コマでは意外と見ないネタな気がする。「今までは高校野球ってもっと大人のイメージがあったんだよね」「でも今じゃあの人たちの中にも自分と同じ年の人がいるんだなーと思うとさ」「…そして追い越した時には複雑な気持ちになるんですよねえ」おれも高校の頃、クソ暑い最中、自分とこの学校の応援に行ったことを思い出したよ。高校球児ってなんであんなに立派に見えたんだろうな…。

夏祭りの話は、ARIAでありそうな話、とでも言えばいいんだろうか。不思議で、それでいてちょっとあるかも…と思えてしまいそうな話。GAは非現実的な話や夢の世界の話が比較的あるので、不思議展開が受け入れられてしまう…ことを逆手にとった意外性とでも言うべきだろうか。

ちなみに夏だから水着ネタも健在(4巻にもあったけどね)。特典に水着が多いのも5巻の販促は水着で、天からのお達しがあったかららしいしな!

 

反面、お得意の芸術ネタは本巻では控えめではあるんだけど…この作品は「芸術科」マンガなので、学園ネタはあり…だと思うのです。芸術ネタは描きおろしのカラーページやカバー裏で補完しよう。これまた相変わらずの入魂っぷりなのだ。きゆづき先生は本当にすごいな。

GA -芸術科アートデザインクラス- (5) (まんがタイムKRコミックス)

GA -芸術科アートデザインクラス- (5) (まんがタイムKRコミックス)