読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

戦国コレクション評

残念なラミアのテーマがテレビから聞こえてきて残念な気分になった。

 

さて、今期アニメの話だ。相変わらずおれはいい加減にアニメを観ているのだが、本当にアニオタなのだろうか。もっと氷菓をしっかり見なくてはいけないのではないか。

 

さて、今期アニメといえば戦国コレクションが相変わらず面白い。戦国コレクションは何が面白いのだろうか、そのひとつに今時珍しいオムニバス形式であることが挙げられるのではないか。先週のアニメと今週のアニメでは登場人物が全く違う。確かに過去に出てきた人物が出てくることもあったり、過去のエピソードを重ねることはあるが、おおむね毎回新しい設定と登場人物が出てくる点は変わらない。

これは毎週新しいアニメを観ているのに等しい。たまたま合わない回があったとしても次には全く違った話になっている。その逆もしかりではあるが、下手なストーリーアニメよりもよほど次週の予想ができない、これが魅力の源泉ではなかろうか。

 

しかし、オムニバスとはいっても、基本的なテイストは統一されている。ほとんど必ず毎話食事シーンが挿入され、多くの回に風呂やシャワーシーンがある。お約束といえばそれだけだが、根底にある戦国武将の日常というものを描きたいのではないか。誰も傷つかない優しい世界でいい話風に終わるというのも統一されているかな。頭を使わないし、気持ちを乱されることもない、絶妙なアニメになっていると思う。

 

共通のネタという点では、毎回映画のパロディであるというのも既に周知の事実か。…うちも5話までネタを解説してみたが、案外こういう試みをやっている人がおらず、うちのブログ開設以来最も多いブックマークを頂いた。ありがてぇこった。

…6話以降も映画ネタはあるのだが、おれにとっては元ネタは既に大きな話題ではないため特にまとめていない。すまないことだが…。全話終わったらあらためてまとめてもいかもしれないな。

 

 

…それにしても戦国コレクションはここまで工夫された作りをしているのに、いまいちマイナーの域を出ていないのは不思議なことだ。某匿名掲示板のスレッドもようやく15を数えるようで…。今月始まったアニメでも既にそのくらいの数に達するものがあるというのに。ここまで注目されないものなのか、と思うと主にだからこそ特権的に楽しめているなぁという優越感もあることしかり。

これまた某匿名画像掲示板では、やたら戦国コレクションが流行していて、他の神覇権アニメ共に比べて盛り上がっているという面白い現象になっていたりと…。

 

さて、今夜の戦国コレクションはどんな話なのだろうか。