読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインテールの吸血鬼はお好きですか

Do you like a twintail vampire ?

MacBook Pro Retina Display を見て

昨晩のWWDCAppleのカンファレンス―は久々に興奮した。

来るぞ来るぞと言われていたRetinaディスプレイ搭載のMacbook Proが発表されたからだ。Core i7のQuad-Coreに、最大16GB RAM、768GB SSD…さらに2880x1800の超高解像度ディスプレイ…、この解像度の高いディスプレイが15インチなのだから、これは新しい時代の幕開けと言わざるをえない。Retinaと呼ぶにはだいぶdpiが低い(新しいiPadより低い!)というツッコミどころはあるものの、既に新しいiPadで高解像度がもたらす恩恵というのを知っているだけあって、そのディスプレイのもたらす恩恵が眼に浮かぶようで。

 

とまぁ、ひるがえって、今自分が使っているMacbook Pro Early 2011モデルだけれど。これもけっして性能が悪いわけじゃない。自分でカスタムして、16GB RAMも256GB SSDも積んでいるので、スペック的には悪くない、いや、むしろかなりいい方だと思う。それでも1年は大きい。SandyBridgeがIvyBridgeに変わるように、自分のカスタムした内容を過去にするようなスペックのモデルを出されちゃシャッポを脱ぐっきゃない。

 

とまあ、ひさびさに物欲を刺激されたという話。まぁ高解像度ディスプレイあったとしても何に使うかって言えばブラウザかヒくらいだろうというのもまぁね。